ウェルネスダイニングの宅配をお試しした口コミ!メニューや価格まとめ

ウェルネスダイニングの口コミや評判 冷凍弁当宅配
この記事は約10分で読めます。

管理栄養士がメニューを考案し、食事が持つ療的なケアを全面的に売りにしているウェルネスダイニング。

制限食専門の宅配弁当企業として知られていますが、お弁当の味についてはやっぱり食べてみないと分からないというのが正直なところです。

そこでここではウェルネスダイニングの宅配を実際に注文して、食べてみた感想を詳しく記したいと思います。

ウェルネスダイニングのメリット・デメリット

ウェルネスダイニングは健康になれる療食サービスが人気ですが、利用するにあたってメリット、デメリットがどれくらいあるのかを実際に利用した感想を踏まえつつ考えてみたいと思います。

ウェルネスダイニングのメリット
  • 食事制限したい目的ごとにメニューが用意されている
  • 調理方法を選べる
  • 食べ飽きることがない

ウェルネスダイニングの良いところは何といっても食事で健康になるを目的としたお弁当だという点です。

糖質を制限したい、塩分を制限したい、カロリーを制限したい、さらには食事の栄養バランスに気を使いたいなど健康を意識できるメニューばかりです。

実際にお弁当を食べている最中でさえ、どれも優しい味わいで、1食でこれだけの品目を食べられたら健康的、と思ってしまうほどでした。

またウェルネスダイニングのお弁当は冷蔵庫で解凍して電子レンジで温める調理方法を行うことができます。

冷蔵庫で一度解凍して温める方法は、意外と便利で冷凍庫からダイレクトに出した時よりも電子レンジの時間を短くでき、料理の味もしっとり柔らかく仕上がります。

1週間の献立の中に被るメニューがない点もメリットだといえます。

ウェルネスダイニングのデメリット
  • 洋食のメニューが少ない
  • ご飯は自分で用意する必要がある

ウェルネスダイニングのデメリットを強いてあげれば洋食のメニューが少ないことくらいだと思います。

基本お料理は和食中心なので、洋食が好きな人にはデメリットだといえます。またご飯は自前で用意になるのでこれも手間だといえます。

しかし基本的にはほとんどデメリットは見当たらないといっていいほど、1週間試したなかでは満足いくものでした。

ウェルネスダイニングお試し宅配弁当の口コミレビュー

メリット、デメリットを見ても、実際のウェルネスダイニングのお弁当の味がどうなのかは分かりにくいものですよね。

そこで今回1週間試した宅配弁当がどうだったのかをメニューごとに詳しくご紹介したいと思います。

いわし味噌煮弁当

ウェルネスダイニングいわし味噌煮弁当

味付けは素直においしいと思えるお料理でした。

卵焼きは冷凍と思えないくらい、ふわふわしっとりしていて、メインのいわしの味噌煮も骨まで柔らかく、副菜すべて美味しかったです。濃過ぎず、薄すぎず、優しい味わいでした。

栄養素
エネルギー295Kcal
たんぱく質15.1g
脂質14.2g
炭水化物26.0g
食塩相当量2.1g

回鍋肉弁当

ウェルネスダイニング回鍋肉弁当

回鍋肉は見た目に味が濃そうでしたが、食べると濃い過ぎることなく、ちょうどよくて美味しい仕上がりになっていました。

春巻きは若干、皮が硬い感じがしましたが、普通に食べられる硬さで、他の副菜も味付けのバランスが良く、おいしく頂きました。

栄養素
エネルギー254Kcal
たんぱく質9.1g
脂質17.2g
炭水化物15.9g
食塩相当量2.0g

豚肉の佃煮弁当

ウェルネスダイニング豚肉の佃煮弁当

この牛肉の佃煮は本当においしく、ほんのり甘い仕上がりが本当においしかったです。副菜の野菜のシャキシャキ感で食べ応えもあり、ボリュームもしっかりありました。

じゃが芋の煮込んだお料理だけ、じゃが芋が少し解凍したモソモソ感が出てしまっていましたが、それでも食べられないほど気になるものではなく、完食でした。

栄養素
エネルギー256Kcal
たんぱく質10.4g
脂質14.4g
炭水化物21.1g
食塩相当量1.7g

ぶり塩焼き弁当

ウェルネスダイニングぶり塩焼き弁当

ぶりは塩加減がちょうどよく、食べやすいやわらかさでした。副菜の牛蒡のボリュームがしっかりあり、味がしみ込んでいて噛むほどにやさしい味わいと満腹感に繋がりました。

副菜の味付けが3種でしっかり異なっていたのも食べていて満足いくポイントでした。

栄養素
エネルギー270Kcal
たんぱく質19.1g
脂質13.0g
炭水化物17.0g
食塩相当量2.3g

さんまおかか弁当

ウェルネスダイニングさんまおかか弁当

おかかの味わいがしっかりついたさんまはご飯がすすむおいしさでした。

副菜の煮物料理も健康に配慮されていることがわかる優しい味わいで、結構おなかいっぱいになりました。

栄養素
エネルギー279Kcal
たんぱく質14.5g
脂質15.3g
炭水化物21.7g
食塩相当量1.6g

大豆入りドライカレー弁当

ウェルネスダイニング大豆入りドライカレー弁当

和食が多い1週間のメニューの中で唯一のエスニックっぽい料理でした。ドライカレーといいつつもしっかりとご飯に絡むジューシーさがあって、スパイシーなのに辛さはなく食べやすかったです。

ほかの副菜はドライカレーの味を邪魔しないような味付けが本当においしく、バランスのいいお弁当になっていました。

栄養素
エネルギー253Kcal
たんぱく質12.0g
脂質12.7g
炭水化物23.0g
食塩相当量2.2g

味噌煮込み風おでん弁当

ウェルネスダイニング味噌煮込み風おでん弁当

おでん弁当はウェルネスダイニングがおすすめする冷蔵庫での低温解凍でいただいてみました。

メインのおでんは具が小さくカットされていて、味付けはおいしいもののおでん感はあまりなく、大根がおでんにない歯ごたえのシャキシャキしていたこともあって煮物のような感じでした。

カボチャやオムレツなどの副菜は、ふんわりおいしく、すごくジューシーでした。

栄養素
エネルギー251Kcal
たんぱく質12.0g
脂質11.0g
炭水化物26.7g
食塩相当量2.3g

ウェルネスダイニングの解凍方法(温め方)は簡単

ウェルネスダイニングの温め方

ウェルネスダイニングのお弁当は2つの方法で解凍し、食べることができます。

一つは、冷凍庫から出したお弁当を何もせずにそのまま電子レンジに入れて温める方法です。

ウェルネスダイニング電子レンジで加熱中

食べたいと思ったときにもっとも簡単に食べられる方法で、蓋を少し開ける必要もないので、加熱失敗の心配がありません。

もう一つの方法は、食べる日の前日に冷蔵庫で低温解凍してから食べる方法です。

一度低温解凍をして温めて食べると、電子レンジの時間が短くて済み、またお料理もふっくら柔らかく仕上がります。

冷蔵庫に入れるのが手間なようにも思いますが、ただ保管しておく場所を変えるだけで、おいしく、またさらに時短でお料理できるので、おすすめです。

ウェルネスダイニングを食べてみた感想

ウェルネスダイニングのお料理は、全体的においしかったです。

和食が多いメニューになっていましたが、その分丁寧な味付けで、ハズレ料理がなく、どれを食べても本当においしいと思える味になっていました。

またボリュームも意外とあり、野菜がしっかりとれるお弁当には驚きました。味付けがどれも被っていないのも素晴らしかったし、品数が多いにもかかわらず同じお料理が一つとしてないのにも驚きました。

シソを使った野菜の味付けなどは自分では絶対に行わない味付けになっていて、勉強にもなりました。

最初、ウェルネスダイニングの宅配が予定日に届かないというハプニングがありました。

どうやら配送業者(ヤマト運輸)が、冷凍で届けるものを冷蔵にしてしまったようで、直接ヤマトからウェルネスダイニングに連絡が入り、配送を中止し、即座に新しいものを送る措置をとってくれていたことがわかりました。

配送予定日にそんな出来事があった旨を早い段階で連絡して知らせてくれ、また改めて商品が届いた時にも確認の連絡が入る、細かい気配りがすごかったです。

きめ細やかさがお料理にも出ているんだなとすごく感じました。

ウェルネスダイニングのメニュー(コース)と特徴

ウェルネスダイニングには食事制限の4つのコースと健康食の2つの合計6つの食事コースがあります。

コース特徴価格(7食)
カロリー制限気配り宅配食カロリーを制限したい人向け。
1食あたりのカロリーを240Kcal前後に制限
4,500円
塩分制限気配り宅配食塩分を制限したい人向け。
1食あたりの塩分を2.0g以下に制限
4,500円
たんぱく&塩分調整気配り宅配食たんぱく質と塩分の両方を制限したい人向け。
1食あたりの塩分2.0g以下、たんぱく質10g以下に制限
4,800円
糖質制限 気配り宅配食糖質を制限したい人向け。
1食あたりの糖質を15g以下に制限
4,500円
健康応援 気配り宅配食健康に配慮した食事。
カロリー300Kcal以下、塩分2.5g以下
4,300円
(厳選)栄養バランス気配り宅配食栄養バランスが偏りがちな人向け。
栄養バランスの良い食事を300Kcal前後、塩分2.5g以下で仕上げている
4,600円

ウェルネスダイニングの送料と宅配エリア

ウェルネスダイニングは一般の宅配業者を利用しているため、宅配エリアは特になく、全国に配送を行ってくれます。

初回は送料無料で利用できますが、2回目以降は送料が必要になります。この送料は都度注文すると700円必要ですが、定期便で注文すると350円と半額で済みます。

定期便は毎週届くもの以外にも2週間に1回、3週間に1回、月に1回とペースを自由に選べます。また配送の休みも行えるので、今後も使いたいなと思った場合は、定期便にしておくとお得です。

ウェルネスダイニング口コミ&評判

ウェルネスダイニングQ&A

ウェルネスダイニングのサービスがどんなものかを知っていただいたところで、ふと疑問に思うことをQ&A形式でおさらいしておきたいと思います。

クーポンはある?

ウェルネスダイニングにクーポンはあるものの、初回の人が使うことができるものは今のところ発行されていません。

定期便利用者に対してはクーポンが送られることがあり、利用者にお得なサービスが還元されるようになっています。

添加物は安心できる?

ウェルネスダイニングのお弁当には少量添加物が使用されています。

主な添加物には食品を柔らかくし風味の劣化を防ぐリン酸塩、植物由来の着色料、デンプンからつくられた増粘剤などがあります。

基本的には冷凍保存なので添加物の使用は少なく、また使用されている添加物自体、天然由来が多いので安心です。

量は少ない?

ウェルネスダイニングのお弁当は決して量が少ないということはありません。

お弁当の容器や届いた箱は確かにコンパクトでしたが、容器が底上げされていたり、尻すぼみになっていたりしないため、見た目以上に量が入っています。

ご飯を合わせて食べれば十分な1食分の食事になります。

賞味期限はどのくらい?

ウェルネスダイニングのお弁当の賞味期限は商品が届いてから冷凍保存で3か月くらいです。

3か月を過ぎても冷凍なので食べることはできますが、長期の保存になると風味が落ちるため適度なころ合いで食べることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました